So-net無料ブログ作成

監督 [サッカー]

Maneger、coach
今の時代、スーパーな誰かだけで勝てる、勝ち続けられる世の中ではない。

チーム編成のキーは、どんなキャラのチーム作りたいのか、
そのためにどんなメンバーを集めて、そしてどんな人に仕切らせるのか、
そこが非常に重要な要素になる。

マンチェスターユナイテッドは、前シーズン優勝のチーム。
メンバー構成、コンセプトに大きな変更はなし。
唯一変わったのは監督。

偉大な監督の後は大変?

いや、今回の場合は長く務めた監督を変える時は難しいという話。
ファーガソンさんは、取り立てて戦術眼が、ということはない。
この人は、今の戦術を取り入れることが上手いことと、
メンバーにボスというか確固たる地位を作らせない天性の感覚と決断力が持ち味。
若い選手を思い切って使い、採ってきた選手を競わせ、変えがきかなくなる寸前に
高値で売り飛ばすタイミングと度胸。
この人はマネージャー。

その後釜を当の本人が探すとき、ファーガソンの思い違いは当人の影響力の大きさ。

ファーガソン本人は、たぶん自身の監督としての能力をそんなに大きく評価していなかったハズ。
だから、同郷の監督経験のあるモイーズでイケると踏んだ。
自分の本分であるGM的な能力と、自分が築いた優勝チームであれば、
一年間は喰っていける、つまり上位にはいられるはずで、一年やってりゃ慣れるだろう、と。

ところが、ファーガソンのチームへの影響力はその、オヤジ的な立ち位置と雰囲気であり、
それが、安心と、緊張感をうまい具合に保っていたわけで、それこそが肝だった。
ところが、今シーズンにそれが効力を発揮したのはルーニーに対してのみ。
ほかは、サボルは、諦めるは、移籍を考えるはで、散々。

そんな中で、ドンと構えられるわけもないモイーズは、
動けば動くほどハマっていく、まさに蟻地獄状態。

基本は同じメンバーなのにこのアリサマであることが、監督が重要である証明。


サッカーの監督といえばこの人モウリーニョ。

こちらはチェルシーに復帰するや、モウリーニョ以後、監督変えまくりで、良かったり悪かったり
長続きしないチームを、安定させた。
しかも今回は、若いのを積極的起用して育てつつ、結果も残し、
その若手を、ベテランの安定した守備を基礎に攻めることを容認し、
試合もけっこう面白い攻撃も披露する余裕を見せる。
もちろん守備をサボることは許さないけれど。
キーは要所にベテランを活かすこと。後ろから、テリー、ランパード、エトー。
同じチームに返ってきて新しい色を見せるこの人は、スペインでの経験も活かしている。

ハインケスが創った3冠チームをペップが引き継いで3月にリーグ優勝を決めたのとは反対に、
ペップの貯金のある内に新たなスタイルを確立できなかったのがバルセロナ。
彼の相方であるビラノバで1シーズン時間を得たはずのバルサは、結局
その猶予を有効活用できずに、適切な監督を見つけることができずに惨憺たる内容。
今シーズン、バルサの選手の表情が輝くことはなかった。
バルサはこの猶予期間の間に若返りをする必要があったのに、
その筆頭である、アルカンタラを持って行かれ、バルトラをプジョルのいる中で育てることもできず、
GKも見つかられず、アウベス、セスクの後釜も自前で上げられない。

ペップの素晴らしかったところは、飽きさせなかったこと。
できるようになったら次のことを要求する繰り返し。
満足することを許さなかった。
見ているほうも、おっ、出来るようになってきたねぇと成長を実感できたし、
今度は何を見せてくれるのだろうと楽しみは尽きなかった。
この作業は実は仕掛けるほうが、頭脳労働をし続ける必要があり多大な精神力が必要。
だから、長期に及ぶとか、安定した、とは無縁だし、完成形も結局無い。
この辺りが、見ている方も疲れてくるというのは必然なのだろう。

本当に、今の世の中は成功し続けることは本当に難しいと実感する。


ココ数年、国内無敵のユベントスだってヨーロッパではイマイチ。
PSGも結局ズラタン頼み。
バイエルンは、本当にスゴイかった。
質実剛健なバルサだったけど、負け方もバルサだった。
つまりペップスタイルの強みも弱みも実はバルサ時代と同じだった。
空間を必要とするサッカーは、その空間がなくなると、空間を見出すことができなくなると
選手はスムーズ動くことができなくなり、停滞し、淀む。
相手を疲労させて勝つチームが先に疲弊し、気持ちの優位が無くなり、
周りと同期できなくなり、the END。

ペップのチームは変化し続けるから、強い状態は維持できるけど、
大きな大会で勝てるかは、変化し続けるチームである以上、その時の状況次第なところが、
また魅力なのだろう。

ペップ、モウリーニョ、アンチェロッティ、シメオネ、コンテ。
なんとも個性豊かな、しかし芯の強いキャラの監督たち。
しかも、まだ若い。
唯一のベテランファーガソンが引退しても、しばらくは、楽しませてもらえることだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。